Shanghai
Customs

EV中国最前線(後編)

  • 2019.5.30
  • TEXT SHOGO JIMBO
  • PHOTOGRAPH RAMON FERNANDEZ, SHANGHAI CUSTOMS

世界中でコミュニティ急増中
すでにeCUBのDIYキットは、世界中へのデリバリーが始まっている。彼らのKITは金属加工や溶接などハードルの高いカスタムを必要とせず、PCでいう“プラグアンドプレイ”な要領でコンバージョンEVとバイクのカスタムまでも楽しめるようデザインされている。ベースとなるスーパーカブのモデルはカブの中でも最も見つけやすいC70もしくはC90。キットは限りなくシームレスにボルトオンできるというわけだ。まだ始まったばかりの世界中のeCUBカスタム例を彼らのコンプリートカスタムも交えてご覧いただきたい。

EVを最も身近なものに
eCUBの充電は家庭用100Vのコンセントさえあれば、PCやスマホを充電するように可能。それにカートリッジ式になったバッテリーパックを自宅に持ち帰れば、EVのインフラで問題とされる充電ステーションなんてなくとも充電できてしまう。そう考えると彼らの取り組みこそ最もEVを身近なものへと変えてくれるのではないかと思えてくる。何よりもスタイリッシュに仕立て上げられたコンポーネントを使って自分好みの1台に仕上げれることは最大の魅力。そんな彼らのヴィジョンが極めて的確に実現できているのは、世界の工場として培ってきたモノづくりの基盤が中国にはあるからだろう。さて、グローバルに広がるeCUBシーンをみて我々は何を始めるべきか、新たな楽しみが増えてきたのはいうまでもない!

Shanghai Customs
https://www.sh-customs.com

MAIL MAGAZINE