Round3

灼熱のバトル(後編)

328a7698_
  • 2016.10.25
  • TEXT SEIYA UETANI, SHOGO JIMBO
  • PHOTOGRAPH YUYA SHIMAHARA

灼熱の4時間耐久レースへ
前編のスプリントレースを終え、いざ4時間耐久レースへ突入。今回のレースは日没後も行われるため終盤はナイトレースに。Round2では25チーム中7位という初のTOP10入りを果たした我々は、今回も同様に、こまめにライダーチェンジを行う作戦で臨む。レース経験の浅い我々にとっては、とにかく集中力を維持することが賢明な判断。ライダーは神保、嘉義、土屋の3名は同じく、海外出張中で参戦できない小山田に代わって、日頃オフロードレースに明け暮れているアーティストの岡本亮氏を迎え新体制で臨むはずだったが、、、レース直前にエンデューロレースにて、まさかの右鎖骨を骨折・・・。参戦は見送りとなってしまった。つまり、3名で灼熱の4時間耐久レースに立ち向かうことになったのだ。

328a7786

新メンバーとしてチーム入りした岡本亮(右)。オフロードレースに目がない岡本は、まさかの本戦直前のエンデューロレースで鎖骨を骨折・・・。今回はテクニカルアドバイザーとして参戦。さらに、もう一人は某カーメーカー出身の開発エンジニア、別府淳司(左)がメカニカルスタッフとしてチームとマシンをサポート。次第に気が遠くなる過酷なレース環境の中で、この2人が的確な分析力とアドバイスでチーム全体を完走へ導く。

MAIL MAGAZINE