Starting Point

NYLON編集長、戸川貴詞のモーターサイクル・ダイアリーズ

  • 2014.7.1

DRIVE THRUが今後も直面するであろう最も大きな課題は、“若者のクルマ離れ”。 都内で生活していて感じるのは、公共交通の整った都市部において、自動車免許を持たずとも何ら不便なく生活できてしまうことだ。
さて、これから始まる「Motorcycle Diaries(モーターサイクル・ダイアリーズ)」はNYLON JAPAN編集長、戸川貴詞のロードトリップ企画。戸川さんはDRIVE THRUの発信元であるカエルムの代表として経営者の一面を持ちながら、日々、撮影や編集業務に追われる慌ただしい生活を送っている。そんな中、何を思ったのか突如、大型自動2輪の免許を持たずしてヤマハを代表する大型バイク「V-Max」を衝動買い・・・。 一体、免許もないのにどうするつもりなのか!?
PHOTOGRAPH: TAKASHI TOGAWA, TEXT: SHOGO JIMBO

togawatakashiさんの写真 (20141117)
都内某所の2輪中古車センターにて、初期型のVMAXを衝動買い。その金額はというと30万円ほど。V-Maxとはいっても80年代の初期型は比較的、手頃な価格帯だ。このままの状態で乗るつもりはなく、これからDRIVE THRUと共にカスタムを施していく予定。

togawatakashiさんの写真 (20141117
衝動買いをしてから数日。遂にV-Maxが納車。納車されたといってもまだ教習所へは願書さえ提出していない状態・・・。1/1のスケールモデルがやってきた感に近い。

これから始まるロードトリップを楽しむために
本プロジェクトでは、誰よりも多忙な毎日を送る戸川さんが、どのようにして楽しみながら免許を取得しロードトリップに旅立つことが出来るのか、レポートし続けたいと思います。とはいえ、早速そのモチベーションが下がらないように、まずはV-Maxのカスタムをはじめなくては。免許を持たないスマートに生きる人たちにこそ、ぜひ読んでいただきたいプロジェクト!

MAIL MAGAZINE