Roomette Long

クロコアートファクトリー・ルーメット ロング(218万円〜)

IMG_1089
  • 2014.9.25

DRIVE THRU、最初のセレクテッドカーは、神奈川を本拠地を構えるクロコアートファクトリーが生み出したキャンピングトレーラー「ルーメット」。
DRIVE THRUの名プロジェクト「Tokyo Mobile Life」や「Caravan Tokyo」でお馴染みのルーメットは、どこかエアストリームを彷彿とさせるレトロなデザインでありつつも、スポーツカーに通ずる軽量化を突き詰めたボディ設計によって、驚くほど軽量に出来ている。そのため、通常トレーラーには必要となるはずの牽引免許は必要ナシ! さらに断熱処理を施した車内空間には、キャンピングカー用のエアコンを使わずに、住宅用のエアコンを完備。開発時の度重なるロードテストの末、最も丈夫で快適に過ごせる上に、経済的だったのは家電量販店で販売している家庭用のエアコンだった。なので、一般家庭の100Vの電源を供給さえすれば、どんな環境でも快適に過ごせるのだ。

PHOTOGRAPH: YUYA SHIMAHARA, TEXT: SHOGO JIMBO

IMG_1089
ボディのボディは”RTN”工法による強化プラスチックを採用。フロア材には使用する”テクセル”と呼ばれるハイテク素材との相乗効果によって軽さと強度、更に腐食しないボディーを実現している。

IMG_1085
丸いテールランプと三角の反射板といういたってミニマムなデザインが秀逸。強化ガラスを使ったウィンドウは写真では斜めだが、90度まで開閉することができる。

IMG_1035
前方部にボンネットのようなスペースには、住宅用のエアコンの室外機が収まる。室外機が見えると見えないとでは、デザインの洗練さに雲泥の差がでてしまう。

牽引免許いらずだけでなく、入念な開発テストを繰り返した安心できる装備が揃ったキャンピングトレーラーが200万円代で新車でオーダーできるとは、まさにエポックメイキングな1台。キャンピンカーとしての使用はもちろん、オプションで用意されているリアハッチが丸ごと開口するテールゲートタイプでは、トランスポーターとしての使い勝手もよさそうだ。その他、モバイルオフィスや移動販売など、アイデア次第で、自分にだけしかないカスタマイズを楽しむことができるだろう。

【スペック】
CROCO ART FACTORY Roomette Long
(クロコアートファクトリー・ルーメット ロング)

エンジン   :ナシ
ボディー   :FRP
ブレーキ   :クノット・慣性ブレーキ
シャシー   :クロコアートファクトリー・オリジナル・シャシー(ジャッキ付き)
ホイール   :12インチ・スチールホイール
サイズ    :全長5320mm, 全幅2220mm, 全高2340mm
重 量     :490kg
オプション  :家庭用エアコン、MaxFun(換気扇)、外部100V入力。走行充電システム
車両本体価格 :¥2,180,000〜(税別)
※ルーメット購入ご希望の方は、下記コンタクトよりお問い合わせください。

MAIL MAGAZINE