ISUZU SPORTS
DT 117Coupe

イスズスポーツ「DT 117クーペ」始動!

  • 2015.8.5
  • TEXT SHOGO JIMBO
  • PHOTOGRAPH YUYA SHIMAHARA

DTレンタカーとして展開中のイスズの名車「117クーペ」。30年以上も昔のクルマでありながら、ジウジアーロによるボディーデザインは、今見てもまったく色褪せていない。普遍的なデザインとは、まさにこのこと。これまでDRIVETHRUでは、レンタカーサービスの傍ら、117クーペでのロングドライブをはじめ、悪天候時や、「COMMUNE246」のある表参道・青山界隈など、ありとあらゆるシーンでの走行テストならぬ “普段使い” を繰り返して来た。

117testdrive

① どんなクルマでも雨天時の運転は、普段よりも気をつける必要がある。フェンダーミラーなど見切りのよい117クーペは安全運転に気を遣えば問題なし。② 極寒の日であろうとも猛暑日であろうとも冷暖房を装備した117クーペは、想像以上に快適。③ 長く愛され続けたクルマだけに保存状態の良好なストックが多く存在。福生を拠点にする「イスズスポーツ」が的確なメンテナンスをしてくれる。④ 100Km/h前後の高速走行も安定した走行性能を味わえる。

 

乗れば乗る程わかる逸材の価値
イスズ車を専門に扱う老舗「イスズスポーツ」のメンテナンスの甲斐あって、どんなに寒い真冬の朝でも、オーバーヒートしてしまいそうな真夏日の中でも、117クーペはすこぶる快調。1度もレスキューされることなく快適に目的地まで辿り着いて来た。
そんなデイリーユースを半年あまり繰り返しているうちに、117クーペをレンタカーの領域で留めておくのは惜しく思えてきた。そこで、こんなにもDT度の高いクルマを放っておくわけにはいかず、新プロジェクトとして思い立ったのだ。

11700876_1680954505456756_3742977345096118229_n

ボクたちの117クーペ
DRIVETHRUはイスズスポーツの全面協力のもと、21世紀のレストア技術を使って、今オーダーできる117クーペの開発に踏み切った。
その名も『ISUZU SPORTS DT 117Coupe』。(コードネーム “DT117クーペ”)。
本プロジェクトでは、よりパーソナルな存在となりうる現代版117クーペに迫りたい。つまり、本当に欲しくなるクルマということ。すでにDRIVETHRUチームの試乗テストはもちろん、エンジンのアッセンブリーやインテリアに至るまで、プロジェクトは水面下で着々と進行中。今秋、完成を目標に、順を追ってDT117クーペの制作模様をお届けしよう。
誰よりも早くDT117クーペの最新情報を知るには、DRIVETHRUオフィシャルSNSのFacebookInstagramをチェックしてほしい!

MAIL MAGAZINE