TACO TRUCK

タコトラック『Good Hood Food』

  • 2017.4.25
  • TEXT SHOGO JIMBO
  • PHOTOGRAPH YUYA SHIMAHARA

ストリートフードに魅せられて
映画『シェフ』を地でいくナイスなヤツらがいる。三ツ星レストランで修行してきたわけではないが、NY在住時に本場のストリートフードに魅せられ立ち上げた「Good Hood Food」は、彼らが本場の味を体現したフードカート。NYからスタートした2人の“食”のロードトリップが、今、東京を舞台に始まっている。

328A9119

地元も歳も同じなのに知り合ったのはNY
Good Hood Foodは、スノハラさん(左)と高橋さん(右)の2人。地元も近く共通の友人も多いにも関わらず、知り合ったのは、何故かNY・・。ただ、お互いそれぞれの道を歩んでいたこともあって、出会ってすぐに意気投合というわけではなく、数年後にブルックリンでルームメイトになったことを機に彼らの将来が大きく梶を切ることになる。お互い将来に対し悶々とした日々を過ごしていた時、NYで彼らの取り巻く環境にいつもあったのはストリートフードだった。中でもその代表格にあたるタコスの存在は大きかった。そこで、日本ではみることのないタコスのフードカート“タコトラック”こそが自分達の志す道と気づく。それからというもの、NY中のフードカートを食べ歩き、気になるタコス屋さんには無理にお願いして弟子入りするなど徹底的なリサーチを繰り返す日々をおくる。そんな充実した準備期間を経て、満を持して、昨年、日本でオープンに至ったという。では、彼らのフードカートと絶品タコスを紹介しよう。

素晴らしきローカル食
6年間住んだNYで肌で感じた現地のローカルフードは、高級レストランのフレンチよりも国際色豊かでクリエイティブな“食”の存在を体感したという。そんなNYでの教えを受けるなら、日本ならではなタコトラックも目指す必要あり!まずはその第一段階として、本場さながらのオーセンティックなタコスを東京から世界へ発信中。もしもカスタムキャンパーのタコトラックを街で目撃したら、無理してでも食べる価値有り!

good hood food
www.thegoodhoodfood.com

MAIL MAGAZINE