Future
Mobility

EV コンバートはじまる

000213660001_1
  • 2017.8.31
  • TEXT SHOGO JIMBO
  • PHOTOGRAPH YUYA SHIMAHARA

ヴィンテージ EV コンバート
既成概念を超える乗り物を知る簡単な方法は加速度にある。冒頭の例でたとえるなら、自転車のペダルからバイクのスロットルの加速の違いを初めて体感した時のように、自転車とバイクでは加速の次元が異なる。ではガソリンエンジンの加速を超える存在となれば、電光石火なEVの加速がもってこいだろう。つまり本企画は、ヴィンテージカーをEVに変える「EVコンバート」をもとに、かつての相棒をオリジナルを超える存在として蘇らせようと思う。プロジェクト名は初代BMW3シリーズのコードネームにちなんで『E21』。ここでは「E」はElectricを指し「21」は21世紀にふさわしい乗り物を示したい。

328A6311-e1504079018126

神保の地元、九州から遥々、東京まで持ち込まれた初代BMW3シリーズを中央に、OZ Motors、古川治さん(左)とディレクター、神保匠吾(右)

プロジェクトを実現する上で最も重要なキーパーソンを紹介しよう。写真の左に写るOZ Motorsの古川治さん。古川さんは、すでにEVコンバートの数々の実績をもつ国内で数少ないカービルダーのひとり。古川さんとの出会いはDRIVETHRUローンチよりも前に遡るが、今まで我々がEVコンバートをテーマにしたプロジェクトに手を出さなかったのにはある訳があった。そんな理由を含め、次回の記事では古川さんの手がけたEVコンバートマシンと共にEVコンバートの今について迫りたい。お楽しみに!

MAIL MAGAZINE